トップ > 診療案内
診療案内 医院の特徴
■わかりやすい説明と対話を重視します
わかりやすい説明と対話を重視します
「治療を行ったが何をされたかよくわからない」「この先、何回かよって、いつ頃おわるのか」「してもらった治療法以外に方法はなかったのか」「治療は終了したがこんなはずじゃなかったのに」などの疑問をもたれたことはありませんか?当院では患者さんの訴えをよくきいたうえ納得いただけるまで、説明をしっかりおこないます。また他にかかりつけ医がいるが、別の先生の意見もきいてみたい(セカンドオピニオン)方も大歓迎です。
■丁寧で妥協しない最善の治療を提供します
丁寧で妥協しない最善の治療を提供します
はせがわ歯科では、与えられた仕事に一生責任を持つつもりで、日々の治療にのぞむことをモットーとしています。いい加減な治療はすべて自分に返ってくるものと考えれば必然と丁寧に最善をつくさねばなりません。それゆえ場合によっては治療回数や時間が多少かかる事もありますのでご了承下さい。「一度でも診させていただいた患者さんは、一生自分が守っていくんだ」そんな気持ちで仕事をしています。
■痛み,苦痛を最小限にすることを心がけます
歯科治療で痛い思いや苦しい思いをする→歯医者嫌い→多少のことは、我慢をしてしまう→本当に困ったとき仕方なく受診する→病状が深刻になっている→治療自体も難しく大きくなる…
はせがわ歯科にきていただく患者さんには、できれば歯医者嫌いにはなっていただきたくありません。
■清潔で安全な環境
清潔で安全な環境
医療に従事するものとしては当然のことで、あえて説明すること事自体おかしいことなのですが、今のご時世、仕方のないことなのでしょうか。当院で使用する器具は、お口に入るものは患者さん毎に滅菌あるいは使い捨てをしています。どうぞご安心ください。
予防歯科
予防歯科
「歯を失ってはじめてそのありがたみが実感できた」との患者さんの声を多く耳にします。そのような方々は必ずこうおっしゃいます。「若い頃から歯のことをもっと大事にしていればよかった」。どんな高価な入れ歯、インプラントでも両親からもたった歯に勝ることはありません。こんなすばらしい贈り物を粗末にしていませんか?悪くなったから治療をするというサイクルでは、いずれ自分の歯を失うことになるでしょう。当院では治療行為よりも悪くなる前の悪くならないための予防処置を重視しています。
予防には、ご自宅でのセルフケアと歯科医院での定期的なプロ フェッショナルケア、この二つのバランスがとても大事なのです。皆さんがご自宅で行っているブラッシング。時間をかけても誤った方法では効果がないばかりか、歯やはぐきを傷つけてしまうこともあります。また歯周病で、はぐきがやせ、すきまが大きくなった方や、歯並びが悪い方は、歯ブラシだけでなく歯間ブラシや、フロスなどの補助器具が必要です。定期検診では予防のプロ歯科衛生士があなたのブラッシング状況を確認し、効果的な方法をご指導します。またご自宅でとりきれないプラークや歯石の除去、プラークの付着を抑えるための歯面の研磨、歯質を強化するフッ化物の塗布などを行います。
小児歯科
小児歯科
はせがわ歯科では、お子様の診療をとても重要視しています。子供の歯は柔らかく虫歯はあっという間に進行してしまいます。また乳幼児期の口腔内環境、プラークコントロールの習慣、乳歯の歯並びなどは、永久歯に非常に影響を及ぼします。歯科医は、虫歯の治療も当然行いますが、もっと大事な使命は、小さい頃からブラッシングの習慣、歯の大切さを啓蒙していくこと、そして生涯自分の歯でおいしくご飯がたべられるよう長く見守っていくことだと思います。ただ歯科医師として小児治療で気をつけなければならないことがあります。
私は大学病院で、嘔吐反射(歯科恐怖症)外来というチームにも所属しておりました。
「麻酔がきかずとても痛い思いをした」「大きな声で怒られた」「いきなり押さえつけられて治療をされた」など幼児期の歯科医院でのトラウマから、歯科恐怖症になってしまわれた患者さんをたくさん診てきました。そのような患者さんは普段の歯ブラシでも嘔吐してしまうため口腔衛生状態が非常に悪く、治療が必要な歯がたくさんあります。しかし恐怖で歯医者から足が遠のいてしまうのです。小さい頃から歯医者さんに慣れ親しんでもらい楽しく来院していた だく!それが当院の願いです
虫歯(う蝕)の治療
虫歯(う蝕)の治療
う蝕とは細菌の出す酸で歯が溶けていく疾患です。かみ合わせの溝、歯と歯茎の境目、歯と歯の間など汚れがたまりやすい場所によくできます。初期のものは再生する可能性があるため、削らずにブラッシング指導とフッ化物の塗布などで経過観察を行います。う蝕は放置するとどんどん奥まで進行するため、ある程度大きなものは除去する必要があります。ここで最も重要な事は、細菌に感染していない健全な部分は削らないということです。このため治療には先の小さな切削器具、拡大鏡、う蝕を検知する試 薬、レーザーなどが効果的です。
削った部分には硬質レジンという、歯と同じ色調の合成樹脂をつめますが、穴が大きい場合型をとって金属の詰め物をすることもあります。金属は外観が悪いだけでなく、アレルギーの原因ともなるのでできれば使いたくありません。それにはやはり早期発見、早期治療が必須です。
歯髄(神経)の治療
歯髄とは神経や血液などの組織からなり、根っこの先でからだとつながっています。歯全体に栄養を供給したり、知覚をつかさどるとても重要な器官です。痛い思いをする神経なんか無い方が良いとの考えは大間違いです。枯れた木が朽ちていくのと同じ、歯髄の無い歯はもろく寿命も短くなります。しかしう蝕が進行すると、細菌は歯の中央にある歯髄まで達し通常歯髄全体を除去しなければなりません。
また歯髄が完全に死んでしまうと根っこの先からあごの骨に感染が波及します。この場合歯髄や感染歯質を除去した後、専用の消毒薬で病巣を小さくしていきます。この治療はとても複雑で無菌状態にするまで回数も時間もかかります。良くなるまで根気よく通っていただく必要があります。神経の治療は建築でいうと基礎工事のようなものです。どんなに立派な家をたてても基礎がおろそかであれば家は傾きすめなくなってしまいます。確実にいえることは「細菌を歯髄まで到達させてはいけない」ということです。 
土台の治療
神経の治療が終わった歯は通常、築造体(コア)と呼ばれる土台を立てることになります。土台を入れた後に金歯やセラミックスなどの最終的なかぶせ物をするわけです。このコアは長い芯(ポスト)を持ち、これを根っこの神経があった部分に入れ込んで維持させます。しかしかぶせ物に強い力がかかるとこの金属の芯がくさびとなり歯を真っ二つに割ってしまうことがあります。こうなると根っこは使い物になりませんので抜歯となります。歯が割れてしまうケースのほとんどがこのポストが原因です。神経のない歯は非常に脆くなっています。特にブリッジの支えとなる歯、かむ力が強い方、虫歯が大きく広がっていた歯などは要注意です。そこでこのようなトラブルを防ぐため金属材料の代わりにガラスファイバー繊維を基材とした強靭でしなやかな物性をもつファイバーポストコアという治療法が新しく開発され、普及してまいりました。歯の寿命を延ばすこの方法は院長絶対のおすすめです。 
かぶせ物の治療
術前・術後
広範囲のう蝕や、神経の処置をした歯には、人工物による修復をおこないます。材質には一般的に保険でできる銀歯、レジン(合成樹脂)、や保険がきかない金歯、セラミックス、ハイブリッドセラミックスなどがあります。同じ白いものでも「セラミックスは天然の歯と同じような質感を得ることができ長持ちする」「レジンは物性が弱く変色してしまう」、同じ金属でも「金歯は周囲の歯となじみがよくアレルギーも少ない」「銀歯は歯茎が黒ずむ、アレルギーの原因となりやすい」などの特徴があります。当院では、補綴前にあらゆる治療法についての説明を行い、患者さんが何を望まれているのかということを最優先いたします。 
歯周病の治療
う蝕と並ぶ歯科の二大疾患です。歯を支える骨が細菌の毒素や外傷性の力で破壊され、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。この疾患の恐ろしい点は一度破壊された骨は簡単に元には戻らないということ、そしてほとんどの場合痛みがなくじわじわと進行するため気づいた頃は病状がとても進行しているということです。また歯が抜けた後に入れ歯やインプラントを入れようにも、あごの骨が少ない方は難易度が格段にあがります。歯周病の治療には、細菌の温床となる歯石の除去、歯に伝わる力を逃がすかみ合わせの調整、外科的な歯周ポケットの除去などありますが、一番大切なことはご自宅でのプラークコントロール、これにつきます。 
レーザー治療
レーザー治療
はせがわ歯科では、無痛治療を心がけ診療を行っています。その際 非常に効果的であるのが歯科用レーザー装置です。レーザー装置と いってもその波長の違いなどから様々な製品があります。当院で は、Er:YAGレーザー『アーウィンアドベール』を使用してい ます。この装置の最大の特徴は日本で唯一虫歯の治療が可能である ということです。歯を削るときの不快な音、振動、痛みがないばか りでなく健全な歯質には反応せず悪いところだけ選択的に除去できるというメリットがあります。ほとんどの症例で麻酔を必要としないため妊婦さんや注射嫌いのお子様の治療にも適しています。もち ろん副作用もありません。歯肉、粘膜などの外科処置や歯周治療にも威力を発揮します。また歯茎の黒ずみ(メラニン)除去や知覚過敏などにも有効です。ただし大きな虫歯には使えませんのでご了承下さい(大きくなる前に検診にきてくださいね)。
入れ歯
入れ歯
はせがわ歯科が一番こだわりをもつ診療科目です。入れ歯は歯科医師の技量がもっとも左右する分野であり、診断と設計、型とり、かみ合わせの決定など高い精度が要求されます。入れ歯を目立たなくしたい。食べ物がうまくかめない。話しにくい。など入れ歯に不満のあるかた。一度悩みをお聞かせください。しっかりとお話を伺った上で、各種多様な義歯からあなたに一番よいと思われるものをご提案いたします (金属義歯、磁性アタッチメント義歯、コーヌス義歯、インプラント義歯、ノンクラスプ義歯など)。
ただこれだけはいわせてください。健康な自分の歯に勝るものはありません。当院の患者さんには、できれば一生入れ歯とは縁が無い人生を送っていただきたく思います。
インプラント
インプラント
「入れ歯にどうしても抵抗がある」「歯を削ってブリッジにしたくない」と訴える患者さんには補綴の選択肢としてインプラントをご提案しています。インプラントは入れ歯のようにかたつかず、異物感もなく、取り外しの煩わしさもありません。食べ物を粉砕する能力も非常に高く日本でもとても需要が高くなってまいりました。しかし、重篤な全身疾患がある方、口腔衛生状態が悪い方、あごの骨が著しく吸収している方、かむ力が強くくいしばりのあるかた、喫煙者などは注意が必要で、入れ歯と比べ失敗したときの危険性は重篤です。
インプラントの良い面ばかりを強調したりインプラントが全てを解決すると安易に考えるべきではないと考えます。当院ではインプラントご希望の方にはしっかりとした説明をおこない、口腔ケアをおこなったうえ診査と診断、治療計画を立て、治療後のメンテナンスもしっかりと行っていきます。逆にそれができない方にはインプラントはお断りし、入れ歯で対応させていただきます。
ホワイトニング
ホワイトニング
加齢、遺伝、生活習慣などにより歯は黄ばんでいきます。また神経の治療をされた歯は、黒っぽく変色してしまいます。この黄ばみや黒ずみを削ることなく、薬液を使い色素を分解する方法で歯を白くしていきます。歯科医院で短期的急速に行うオフィスホワイトニング、ご家庭で長期的に行うホームホワイトニング、そして二つをあわせたデュアルホワイトニングがあります。これもそれぞれに利欠点があり、しっかりと説明を行いあなたに最適な方法をご提案させていただきます。これら薬物によるホワイトニングは効果が永続的ではありません。
かならず後戻りがある事をご了承ください。永続的な白さを求める方には歯の表面に薄いセラミックスを貼り付けるラミネートベニアという方法をおすすめします。
はせがわ歯科
アクセスマップ
名鉄犬山線、地下鉄鶴舞線
上小田井駅下車 徒歩10分
県道63号江川線(名草線)
新平田橋を北へ
平中町左折すぐ 駐車場あり
はせがわ歯科
〒452-0843
愛知県名古屋市西区平中町4
TEL/FAX. 052-502-8653
はせがわ歯科
はせがわ歯科

Copyright (C) はせがわ歯科 All Rights Reserved.