トップ > 院長ブログ
院長ブログ はせがわ歯科院長、長谷川信洋によるブログ
2011年03月
猿投グリーンロード 2011.3.30(Wed)
はせがわ歯科
マラソンのトレーニングのひとつ起伏走、字のごとくアップダウンのある道をひたすら走ります。上りは心肺機能の向上、下りでは衝撃に耐える強い筋肉を作ります。非常に効果的なトレーニングなのですが、難点は練習場所です。名古屋でもわたしの住む地域は土地が低く、適度に長い坂がほとんどありません。そこでいろいろ調べたところ猿投グリーンロードという有料自動車道を見つけました。そこは、自転車と歩行者のための舗装路があり、平坦な道はごく僅か、途中に自動販売機を併設したトイレ付き休憩所もあり往復約30km の理想的なコースです。さっそく万博モリコロパークに車を止めて激走してきました。その効果は3日たった今も筋肉痛がとれないところをみると本物です。走力のレベルアップをお考えの方一度お試しを!
はせがわ歯科
僕たちにできること 2011.3.25(Fri)
はせがわ歯科
この度の震災で直接的な被害にあわなかった者にできることとは
@義援金!先ずはこれですね。義援金を騙った詐欺もあるようですので気をつけましょう。しかし援助が公平に行き渡らない現実はなんとかならないですかね。
A節電!関東や東北の方は当然行っているでしょう。しかしそれ以外の地域では節電による電力分与の効果はほとんどなく、化石燃料の消費軽減など間接的なものになる様です。
B積極的な消費!戦争や大恐慌とは違います。もし全国民が慎ましやかな生活を続けたら、日本経済はどうなるのでしょう。こんなときだからこそ買い控え、貯蓄よりも景気に貢献するために消費をすべきではないか。ただ無意味な飲食料や燃料の買い占めはいけません。
Cこれまで以上仕事に精進!各々が自分の得意分野で社会に奉仕し納税で貢献です。学生諸君は将来の日本のために一生懸命勉強しましょう。
はせがわ歯科
震災がもたらした利 2011.3.24(Thu)
はせがわ歯科
平和ぼけへの警鐘、防災意識の高まり。そしてもう一点、人は共通の敵を持つとそれまでいがみ合っていた者も一致団結する習性があるそうです。手を取り助け合い復興に一丸となり日本の更なる高度成長に期待です。この先も人智を超える現象には、無力であるかもしれません。しかし人智を高める事は可能。経験から学び、経験を生かすことができる、それが人類です。
はせがわ歯科
原発事故 2011.3.20(Sun)
はせがわ歯科
原発事故による放射能汚染、本当に恐ろしいです。以前、原子力潜水艦の事故を題材にした映画を見ました。原子炉の修理のため自らの命を犠牲にした船員たち、近づけば確実に死んでしまうとわかっているのに工具をもって飛び込んでいく悲壮な後ろ姿に衝撃を受けるとともに、こんなものを作り出してしまった人間の愚かさに怒りを覚えたものです。まさかそれがこの日本で今、現実におこっているとは信じられません。危険を顧みず作業を続ける電力会社職員、自衛隊員たちには頭が下がります。自分の家族が当事者であったら素直に頑張れと言えるのでしょうか。どうして自らの手で制御できないものを作ってしまったんでしょうね人間は。しかし原子力発電を否定する事は、それに依存しているこの社会をも否定する事になるのです。原子力反対を唱える権利があるのは、未開の地でくらす少数民族や動植物達しかいないのです。恩恵を受けていたわれわれは、この結末を見守り、全てを受け入れるしかないのです。
はせがわ歯科
震災に思う 2011.3.19(Sat)
はせがわ歯科
東北での大地震と大津波から一週間がたちました。亡くなられた方、避難所生活をされている方々そして同業の歯科医師、従業員の今後を思うと胸が痛み涙が出てきます。心よりお悔やみを申し上げます。マスコミ各社が災害の爪痕を報道し続けています。わたしもチャンネルを変えながらテレビを見ていますが、あまりにも規模が広範囲かつ甚大で現実感が湧いてきません。しかし画面に映る光景は、あくまでもほんの一部、本当の惨状はこちらが受ける印象より遥かに大きいはず。一つずつ積み上げてきた幸せが、ほんの数分の自然現象で崩れ無くなってしまう。しかもその自然現象は、たまたま東北の地でおこっただけであり、今映し出されている映像が東海地方のどこかであっても不思議ではないのです。ですので同じ日本人として他人事とは考えず、できる限りのことをしなくては。災難はいつどこに降り掛かるかわからない、明日は我が身なのですから。
はせがわ歯科
開院から一年 2011.3.2(Wed)
はせがわ歯科
はせがわ歯科が新しく生まれ変わり順調に一年が経過しました。これも全てのスタッフたちの協力があっての事であり、みんなの頑張りに感謝しています。 昔から通ってくださっている患者さんはもちろんの事、この一年でとても多くの新患さんがみえました。父が高齢であるためか、以前は御年配の方が中心の医院でしたが、若い人や小児、幼児が増え患者さんの平均年齢がぐっと低くなりました。子供たちの声があると、それだけで院内に花が咲いたようで癒される気持ちになります。特養老人施設に幼稚園児、小学生が定期的に訪問交流するシステムがあるらしいですね。特に普段おじいちゃん、おばあちゃんと接する事のない子供たちは、お年寄りとふれあう事で新しい発見や、いたわりの気持ちの芽生えなどプラス効果が期待でき、双方にメリットがあるのでしょう。うちの坊主はいつもじいちゃん、ばあちゃんに囲まれ幸せですよ。
はせがわ歯科
激変! 2011.3.1(Tue)
はせがわ歯科
お正月に100キロマラソン完走を目標に掲げてから2ヶ月が経ちました。そして今目標をもつことの重要さ、効果を身をもって痛感しています。思えば去年のわたしは単なる習慣として、ただ闇雲にいつもの日課をこなしていただけでした。朝起きて何となく歯を磨き顔を洗うように、なんとなく走っていたに過ぎません。それは身体が精神を支配していたのかもしれません。言い換えれば馬なり状態です。しかしこの2ヶ月 は、競走馬を巧みに操る騎手のごとく完全に精神が身体をコントロールしています。そしてこの年になってもランニングパフォーマンスは目を見張るほど向上しているのです。自分の体に鞭を打っているわけですから体力的には以前に比べ厳しいはずなのに、ずっと楽しく充実しています。戦闘モード突入というところでしょうか。正に「継続は力なり」ですね!
はせがわ歯科
はせがわ歯科
お知らせ
はせがわ歯科
アクセスマップ
名鉄犬山線、地下鉄鶴舞線
上小田井駅下車 徒歩10分
県道63号江川線(名草線)
新平田橋を北へ
平中町左折すぐ 駐車場あり
はせがわ歯科
〒452-0843
愛知県名古屋市西区平中町4
TEL/FAX. 052-502-8653
はせがわ歯科
はせがわ歯科

Copyright (C) はせがわ歯科.  All Rights Reserved.